90%以上の事故のトラブルは示談で解決する!!

NPO法人だから安心、明石市で交通事故の無料相談。

aisatu-soudan1

交通事故の発生により人損・物損が生じると、加害者に損害賠償をしていくという民事上の問題が発生します。民事上の問題を解決する手段には…

 

①示談

②簡易裁判所での調停

③通常訴訟・少額訴訟といった裁判手続き

 

がありますが、交通事故による紛争は、示談によって処理されるケースがほとんどです。

 

示談とは、事故当事者双方の話し合いによって、紛争を処理する方法で、和解契約のことを意味します。たとえば、事故を起こして相手方にケガを負わせてしまった場合、「一定額の損害賠償金を支払うことを約束します」といった内容を当事者双方で取り決めることが示談です。

 

人身事故のうち約90%以上のトラブルが示談によって解決しています。示談では、賠償額を当事者双方の過失の割合に応じて増減したり、賠償金を分割払いにするなど、話し合いで柔軟に解決することができます。費用・時間が節約できることも大きなメリットといえます。

 

ただ、話し合いの段階では、加害者の方が自分の非を認め、賠償に応じると言っていたにもかかわらず、実際には賠償してもらえないということもあります。

 

加害者に再三賠償するように請求しても、何の反応もないようでは、話し合いで解決した意味がなくなります。

 

そこで、後日のトラブルを避ける意味でも、賠償の方法について示談書を取り交わしておくことが重要です。示談書への記載は、自筆で書いてもらうようにしておくべきです。

 

示談の内容を書面化したものが示談書です。書面の形式には特に制約はありませんが、何が問題となっているのか、どんな内容の和解がなされたのかなどについて、明確に記載することが大切です。

 

交通事故の無料相談

フリーダイヤル TEL 0800-111-2538

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください