示談交渉は加害者側の保険会社の担当者と交渉するのが一般的!!

NPO法人だから安心、明石市で交通事故の無料相談

aisatu-soudan1

示談は、被害がそれほど大きくなく、賠償金が自賠責の範囲で収まる場合には、それほど問題になりません。

 

しかし、賠償金が自賠責だけではなく、任意保険からも支払われることになる場合、被害者には保険会社との交渉という問題が発生します。

 

本来示談は、被害者と加害者との間で直接行われるべきなのですが、現在の任意保険はほとんど示談代行つきの契約になっているので、たいていの場合、事故の加害者は交渉の場に現れません。

 

被害者は加害者が加入している保険会社の担当者との間で話し合い(示談交渉)をすることになります。

 

保険会社の担当者は、言ってみれば交通事故における示談交渉のプロです!一方被害者は、交通事故についての法律はおろか、普段交渉事とも縁の薄いという人の方が多いようです。交渉に臨んでも、被害者が自分の意見を正確に伝えるのも難しいかもしれません。

 

実際、保険会社が損害賠償金を低めに見積もってくるということもあり得るので、被害者が独力で示談に臨むのはできるだけ避けた方がよいでしょう。

 

交通事故のトラブルについては多くの種類の相談機関が存在します。被害に遭って、ただでさえ辛い状態です。

 

示談にサインする前に、このような相談機関のアドバイスを利用して気持ちを整理した上で交渉に臨むようにしましょう。

 

交通事故でお悩みの方、お気軽にお電話ください。

 

交通事故の無料相談

フリーダイヤル TEL 0800-111-2538

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください