痛みがあるのに「休業損害を打ち切る」と言われたら??

NPO法人だから安心、明石市で交通事故の無料相談

top-byouin3

保険会社からの治療費の支払を打ち切られてしまった場合でも、「症状固定」に至る(または完治する)までは、原則として、全額を保険会社から支払ってもらうことができるので、支払の再開を求めて交渉をすることができます。

また、打ち切り後に「症状固定」となった場合は、「症状固定日」までの未払治療費の支払を求める、といった対応をしましょう。

治療費の支払とは別に、休養が必要で、仕事を休むのもやむをえない期間中は、休業中の収入に相当する「休業損害」として請求することができます。

しかし保険会社は、「症状固定」と治療費打ち切りの話とをセットのような形で「休業損害」の打ち切りも、前倒しで主張してくる場合があります。仕事の内容やケガの症状にもよりますが、無理をして働くとかえって症状が悪化してしまう場合もありますので、「休業損害」を支払ってもらうよう申し入れて、必要な期間内はしっかりと休むことが大切です。

また、「症状固定」前に会社を退職せざるを得なかった場合には、退職後も「休業損害」が認められる場合があります。

この場合、退職後の再就職の可能性などのさまざまな事情を考慮して「休業損害」支払うべき期間が決定されることになります。具体的にどのような主張を行うべきかについては難しい判断が必要となる場面がありますので、弁護士への相談をおすすめします。

 

交通事故の無料相談

フリーダイヤル 0800-111-2538

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください