「過失相殺」を決める方法とは??

NPO法人だから安心、明石市で交通事故の無料相談

top-byouin3

交通事故では、当事者のどちらかが一方的に悪いというケースばかりではなく、被害者にも一定の落ち度があることがあります

被害者に過失(落ち度)がある場合は、その程度の割合が決められ、被害者側の割合の分について、損害賠償額全体から減額されます。

この割合を「過失割合」といいます。

 

「過失割合」による減額分=医療費などを含めた全ての損害賠償額×「過失割合」

 

したがって保険会社は、被害者側に過失があれば、必ず「過失割合」に応じた減額を主張することになります。

この「過失割合」については、事故がどのようにして起きたかという事実関係を認定する必要があり、当事者にしか分からないことがあり得ます。

したがって、加害者側と被害者側で大きく主張が食い違う状況が生じやすく、しかもその結果によって、最終的な賠償金額に多くな差が出てくるので、事故の状況が正確に反映される必要があります。示談案をチェックするにあたって、最も注意すべきポイントの一つです。

当NPO法人では、過失相殺のトラブルについても相談を承っております。

お気軽にご相談ください。

 

交通事故の無料相談

フリーダイヤル 0800-111-2538

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください