整形外科のみと整形外科・接骨院を併用されて通われた方の慰謝料の違い

病院だけ通われた場合と病院・接骨院を併用して通われた方の慰謝料の違いについて

慰謝料の基本的な計算方法

A 4200円×通院期間(3ヶ月通った場合は約90日)

B 4200円×実通院日数×2

AとBを比べたときに慰謝料が低い方が適応される

※慰謝料・治療費等が120万円以上になった場合は上記とは異なる

実例

追突事故で「頚椎捻挫:10日間の加療を要する」と診断書が出されて実際に3ヶ月(90日間)通われた方

【◆整形外科のみ通われた場合】
整形外科で痛み止めと湿布を処方され月に2回(計6回)通院された方の慰謝料

4200円×90(通院期間)=37万8000円

4200円×6(実通院日数)×2=5万400円

この場合は低い方の5万400円が適応される

【◆整形外科+整骨院(接骨院)に通われた場合】
整形外科で痛み止めと薬を処方され月に2日、整骨院へリハビリを受け早く治すため週に3〜4回通院し全48回通院された場合の慰謝料

4200円×90(通院期間)=37万8000円

4200円×48(実通院日数)×2=40万3200円

この場合安い方の37万8000円が適応される

【結論】

このケースでは整形外科のみ通った場合と整形外科と整骨院(接骨院)を併用した場合約33万円の慰謝料の差額が出ることがわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください